カテゴリ:■style( 1 )

The look book 1. / Classics RIKUGHI



bespoke classic
六義RIKUGHI
The Look Book | CLASSIC BESPOKE SHOES







f0191114_12462040.jpg




「クラッシック シューズ」


私は、様々なビスポークメーカーで靴を誂え愉しんできました、ビスポークシューズは私の愛するものです、ただそれが、或る時期から少し様相が変わってきたように思います、
一言で言えば、「デコントラクト」に走りすぎているように思います、「デコントラクト」なのは、良いのです、(私も随分変わった素材、手法を愉しんできました)、それがしっかりした「クラッシック」な質や手法を前提としているならば、、、

ただ、偏見かもしれませんが、クラッシックを追求し終える前に、安易に「デコントラクト」から始めようとする傾向が、今、ままあるように思えて仕方ないのです、

美しく、凛としたクラッシックシューズをつくれる店は、いまや世界でも稀だと思います、私自身が、それを探し求めていましたから、


靴作りには「集中力」が必要です、その集中を実現できるシステムと気構えを、いまの店が失くしはじめているのだと思います、

私たちは、あえて本物の「クラッシック シューズ」を追求することに集中しました、美しいクラッシックシューズをつくるのは、生半可ではできません、安易な「デザイン」や「奇妙さ」でごまかすのは、むしろ容易かったと思います、

それは、単に「見かけ」の問題だけではありません、明確なフィッテイングコンセプトと、その想いをこめたハウスラストの製作と際限の無いその修正、つくりとそれを実現する釣り込みなどの技術、パターンと細部の仕上げ、革の選択、、、、など、ひとつひとつを検証し、積み上げていく作業が必要です、そこには多分限りがないのだと思います、、、








f0191114_12475912.jpg六義CLASSIC
「フルブローグ ダービー」


















f0191114_1254356.jpg六義CLASSIC
「フルブローグ」(Antique Finish)















f0191114_1250049.jpg六義CLASSIC
「クラッシック オクスフォード」(with Gray stitch)







f0191114_2003871.jpg六義CLASSIC
「クラッシック サイドエラステイック」









f0191114_6144062.jpg六義CLASSIC
「クラッシック コレスポンデントシューズ(ホワイトデイアスキン)」
























f0191114_12575571.jpg





「六義 銀座」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

無断転載、画像の無断複写を固く禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa

by bespokerikughi | 2008-10-11 12:51 | ■style